血圧を下げる食品・食材とは?

血圧を下げる食品・食材とは?

血圧を下げる食材とは・・・。

 

 

 

昔からナス、海藻、貝柱の3つが知られています。

 

 

 

特に中国では昔から血圧降下の食材として重宝されていたそうです。

 

 

 

その中でもナスは、毛細血管を強化する成分(ポリフェノール:特に皮の部分)が多く含まれており、脳出血の予防につながる食材なのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、血圧降下に効果のある食材を紹介します。

 

 

 

以下の食材を食事メニューの参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

野菜:

 

 

 

ナス
たまねぎ

 

セロリ
春菊

 

ほうれん草
ニラ

 

チンゲン菜
トマト

 

アスパラガス
ダイコン

 

ニンジン
クワイ

 

冬瓜など。

 

 

 

 

 

豆・穀類:

 

 

 

ゴマ
とうもろこし

 

燕麦(オート麦、オートミール)
エンドウ豆

 

ソラマメ
緑豆

 

納豆
ソバ(ソバがきがオススメ。蕎麦湯(そばゆ)にも血圧を下げる作用あり)

 

そばにはルチンという物質が含まれており、血圧降下に効果的です。
など。

 

 

 

 

 

 

 

果物:

 

 

 

スイカ
バナナ

 

サンザシ

 

ナツメなど。

 

 

 

 

 

魚介・海藻:

 

 

 

貝柱
カキ

 

ナマコ
アワビ

 

シラウオ
小エビ(殻つき、乾燥品)

 

昆布
海苔など。

 

 

 

その他の食材

 

 

 

黒酢
シイタケ

 

キクラゲ
ハチミツ

 


魚油

 

菊花
ヒマワリの種

 

スイカの種など。

 

 

 

 

 

漢方生薬
羅布麻(らふま)

 

黄ごん(おうごん)
杜仲

 

決明子など。

 

 

 

 

 

このように挙げていくと数多くの食材が、

 

 

 

血圧を下げる食材に該当しますね。

 

 

 

これらを組み合わせれば、多くの血圧を下げるレシピが完成しそうです。

 

 

 

前述しましたが、

 

 

 

血圧は塩分との相関が非常に高いです。

 

 

 

塩分を多く取ってしまえばそれだけ血圧が上がるリスクも上昇します。

 

 

 

一日の塩分摂取量の目安は一日10g以下がよろしいかと思います。

 

 

 

通常の日本人の食生活では、14−5gは平気で取ってしまいます。

 

 

 

味噌汁一杯で2−3gは塩分含んでますから。

 

 

 

日本高血圧学会が出した高血圧治療ガイドラインの基準ですと、

 

 

 

一日5g以下ですが、それでは和食として成り立たないので(味も素っ気も無い料理に・・・)

 

 

 

目安は一日10g以下を目指してみてくださいね。

 

 

 

 

 

血圧を下げたいならこの麦茶はオススメです!
玄関までお届け!楽チンです♪【5250円以上で送料無料】『サントリー 胡麻麦茶』350ml×24本1...